シマリスの手作りケージ 木製シマリスのケージ作成

シマリスをケージ飼いしませんか?

シマリスを事故から守る、ケージ飼いしませんか

シマリスを飼っているみなさん!

 

シマリスを最初に飼おうと思ったきっかけは、なんですか?
「手乗りリスにして飼いたい」
「肩や頭に乗せて見たい」
「家の中で放し飼いして見たい」
こんな理由で飼いはじめたのではないでしょうか。

 

でも、このイメージで飼いはじめる方が多いため、シマリスを放し飼いしている時の事故が多いことを知っていただきたいと思います。

 

たとえば、
・踏みつけてしまった
・高いところから落ちてしまった
・家から脱走して帰ってこない
・電気製品のコードをかじって感電
まだまだ、事故の原因はあります。

 

このような事故から、かわいいシマリスを守るためにも、私はシマリスをケージで飼うことをおすすめします。

 

放し飼いが絶対ダメとは言いませんが、どうしてもシマリスを放し飼いしたいのであれば、考えられる事故の原因を無くした部屋を準備できる方であれば、放し飼いしてもいいと思います。

 

私は、こんな部屋は無いので、できるだけ自然に近い木製で、高さのあるシマリス用ケージを作り、ケージ飼いしています。

 

どうしても、放し飼いをしたい方は、放し飼いによる事故の原因を下に書きましたので、かわいいシマリスのために、出来る限り事故の原因を無くした環境で飼ってください。

 

シマリスの放し飼いによる、事故の内容

 

  1. 高い家具の上などから硬い床に飛び降りた。
  2. 足もとによって来たのを知らずに踏みつけた。
  3. ベット、コタツ、クッションなどで気付かずに下敷き。
  4. くすり、たばこ、洗剤などを食べた。
  5. ドア、タンスなどのすき間に挟まれた。
  6. 噛まれて、びっくりして手を振り回した。
  7. カーテン、タオルなどに爪を引っ掛けた。
  8. 電気製品のコードをかじって感電。
  9. 窓の閉め忘れから外に脱走。

 

あなたの、かわいいシマリスを安全な環境で飼いましょう。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。